FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ecard777.blog119.fc2.com/tb.php/11-20bf9249

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

反省と感想16~25話

あけましておめでとうございます!あんひるです。
1話ごとの感想、第4弾です。
今回はいつもよりも多い10話分あり、一気に本編に追いつきます。
16話~25話まで載せています。↓の「続きを読む」からどうぞ。







16話
「結果」

引導の描いたもとのプロットの時点ではそうでもなかったのに、
自分でいざ4コマ目を描いたらなぜか変にどきどきしてしまいました。

絵柄を模索中の段階ですね。13話、14話よりも先に描いたためこのような絵柄となっています。




17話
「ヘビー級の一撃」


描き方はそこそこ安定してきたような気がします。
この話は、4コマ目が好きです。
顔面陥没は藤子F先生をリスペクトしています。


18話
「死体遺棄の疑い」

真正面からの絵と、俯瞰する絵。
デフォルメキャラにとっての最大の敵とも言える、粗が見えるカットが加わってしまいました。
4コマ漫画という、コマの大きさが限られた媒体の中で、動きのあるカットを描けるようにするために低身長にしているわけなんですが、
同時に低身長が故のアングルの難しさを実感します。
精進します。



18話
「もしかしてさっきは体重計が壊れていたんじゃないのか」

この回はちょっと描き方などを変えてみました。

具体的には、
・線の筆圧を少しあげてみた
・蜜の髪の光のあたる部分を少し明るく
・針の髪の影を少し濃く
・蜜と針の目をかわいく
・今まで何となく描いていた蜜、針を頭の中で3Dモデル的にして描く
・肌の影を少し濃く
・触手の色を濃く

気付いたら薄いハーフトーンが多くなり、場面がぼやけて見えてしまうので、
今回はコントラストを少し上げてみました。
見やすくなったかな?

こんな感じでまた少し描いてみようと思います。




20話
「特注枕」

上手くまとまったお気に入り回です。

基本的には19話の描き方で進めていきました。
1コマ目のセリフにグラデーションをかけてみたりしました。
どうなんですかね。こういうの。

4コマ目にて恐らく初めて、光と空間を明確に意識しながら描きました。
情緒的な場面において光はすごく重要ですね。



21話
「そーっと乗ればもう少し軽いはずなんだけど」

4コマを描いていく上での頭身というものに関して、疑問点が浮かび上がってきました。

4コマ漫画において高い頭身というのは、それだけで表現の制限を結構多分に行われていると思うんですよ。
4コマ漫画は1コマ1コマが小さいので、例えば頭身が高いと、この話の4コマ目のような全身を描かないと
表現できないギャグは物理的に描けません。

前にもちらっと書いたんですけど、人体をパッと見たとき一番目を引くパーツは顔なので、
スムーズに感情を伝えるためには顔をある程度大きく見せて、かつその人物が何を行っているのか一目で分からなければなりません。

こういた理由から頭身を2,5~3頭身ほどに設定し、描いているわけです。
実際に他の4コマ漫画をチラチラと見てみると、頭身が高い漫画はバストアップがとても多いです。

なのですが、うーん。

あ、あと、アンニュイな線が引けるようになりたいです。

あ、それと、絵柄に関しても何かしらの明確な武器がほしいところです。


追記:
見返してみると、4コマ漫画に光を差し込ませたりなど中途半端なところでリアルにすると、
逆にクオリティが低く見えることが分かりました。
適度な脱力感が必要なんだなぁと。





22話
「部活動に入ろう!」

ちょっとリアルの方が忙しくて久しぶりの漫画でした。

久しぶりなのに、今回は本当にあまり言うことがないです。

蜜や針の描き方を少し変えてみました。
3コマ目は蜜が触手を使って泳いでいるのですが、難しい表現です。

今回はリハビリ回、ということで。





23話
「文化部なんてどうなの?」

部活動編の続編です。
運動部と同じパターンにならないようにと、こういった話になりました。
部活動の名前を考えるのが一番時間がかかったかもしれません。




24話
「仮入部の時期の登校風景」

部活動、勧誘編、です笑
ここはあんま言うことないですね。




25話
「人ごみ、爆☆砕」

25話にしてついに新キャラクターが登場します!
果たして現れた人影とは!
2コマ目と3コマ目の緩急が個人的にお気に入りです。

新キャラクターの登場にともなって、これから世界観が紐解かれていく!

…かもしれないです。





以上で今回はおしまいです。
総評として、描き方、描く際のスタンスが安定してきたと同時に、マンネリ化してきたように感じます。
作画のモチベーションを絶やさぬよう、もっとかわいくかわいくセンスを研いで描いていきたいと思います。



では!
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ecard777.blog119.fc2.com/tb.php/11-20bf9249

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

カウンター

投票ボタン

1日1回投票お願いします!
bana
bana

プロフィール

P.N:引導(いんどう)
原作書いてます。4コマ初挑戦。
連絡先:indo777●hotmail.co.jp

indo


プロフィール

P.N:あんひる
マンガ担当
4コマ勉強中
ニコ生: http://com.nicovideo.jp/community/co1037079

indo


QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。